壁解体

天井、床ときて、最後の解体は壁。

古民家DIY、解体作業の最後は壁です。

今回は耐震補強をするために、元の土壁を一度抜いて、中に筋交いやら金物やらを入れて強度をもたせ、再度壁を作ります。

耐震補強しない場合は、既存の壁をそのまま使ったり上から塗ったりでよいそうです。

 

元々はこんな感じの白い壁が、

 

中を開けてみると、

竹を組んだ上に、土壁が作られてます。

 

いざ解体。

この土壁、そのまま剥がすとボロボロと崩れ落ちて処理が大変なので、

丸ノコを入れて竹ごとタイル状にカットし、解体しました。

(ちょっと分かりづらいけど、電動丸ノコで壁を切ってます。)

 

解体が進むにつれて家がスケルトン状になっていくのは、なかなかに新鮮でしたが、

僕個人的には、壊すより作るほうが楽しいので、解体は心身ともになかなかハードな作業でした。

 

こんなにスケルトン状に。

風通しがとってもよくなりました(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website